受託製造

合理化された精巧な生産体制

Capes_CM_Intro Final

Arkは、グローバルクライアントと初期段階からパートナーシップを結び、電子機器製造ビジネスを深く理解しており、明確なコミュニケーションやニーズの正確な翻訳をあらゆる形で心がけています。この機敏で共同のプロセスは外国での生産における弱点を和らげ、ベネフィットを増大させます。Arkは、デザイン、製造知識、製造の合理化やコストダウンを行う最新技術について、厳格にバランスをとります。SMT、DIP、AIを含む製造ラインのもと、幅広い対応をします。コスト効率よく、ミスのない製造を追求し、AI駆動のロボットを使用することで、Arkは質の高い結果を正確に継続的に実現します。


Arkの提供する製造ライン

  • 表面実装技術(SMT):Arkは部品をプリント回路基板(PCB)の表面に直接装着することで、電子回路の製造を簡略化します。
  • デュアルインラインパッケージ(DIP):ArkはSMTに加え、DIPを提供し、アプリケーションやニーズの全ての幅を網羅します。
  • 人工知能(AI):スマート製造サービスを紹介し、コストを削減し、正確性と効率性を向上させます。

業務プロセス

フェーズ 1:発見と査定

  • 製品スペックの確認
  • 研究開発
  • 部品や道具の要件
  • 環境要件
  • クライアント検証


フェーズ 2:製造管理計画

  • 先進製品品質計画(APQP)
  • プロセス故障モードとその影響の解析(FMEA)
  • 測定システム解析(MSA)
  • 統計的プロセス制御(SPC)
  • クライアント検証


フェーズ 3:テストと検証

  • 品質テスト
  • パイロットテストの生産モニター
  • 製品保護調査
  • クライアント検証


フェーズ 4:評価と改善

  • 生産調査
  • 問題解決レポート
  • 予防、是正対策
  • クライアント検証


フェーズ 5:大量生産

  • クライアント検証
Capes_CM_How Final